脳機脳改善効果をテレビで紹介されたスハグラ

スハグラは、インドの製薬会社であるシプラ(Cipla)社が製造・販売している医薬品です。ED(勃起障害)の治療薬として世界的に有名な「バイアグラ」のジェネリック医薬品であり、バイアグラのジェネリック医薬品の中でも評価が高い製品です。最近では、スハグラやバイアグラに含まれている成分が脳機脳改善に効果があるとアメリカなどのテレビや雑誌で紹介されていて、話題になっています。
スハグラの有効成分は、クエン酸シルデナフィルです。世界中で数多くの臨床実験がされているため、安全性が保障されています。スハグラの効果は、服用してから1時間ほど後であり、持続効果は4時間から5時間続きます。そのため、性行為をする前の1時間前に服用することが効果的です。薬の形状は錠剤であり、半分に割りやすい形状をしています。1錠を半分に分割して効果を調整することが可能であり、初めて服用する場合には、少ない量から服用することが良いとされています。薬の服用感覚は、24時間であり、注意して服用する必要があります。効果は男性が性的興奮状態になった際にあらわれ、勃起状態が通常よりも強くおきたり、勃起状態が維持し続けられる(中折れしない)効果があります。スハグラを服用しただけで、媚薬のような性的興奮をすることがないため、注意が必要です。副作用として、頭痛や顔のほてり、腹痛、吐き気、消化不良、軽度の復視現象、血圧の変化などが生じる場合がありますが、一時的なものであり、通常数時間で収まります。成人男性のみが服用することができ、女性や未成年は服用することができません。スハグラの成分は、食事などによって影響されやすいため、空腹時に服用することが良いです。