バイアグラの副作用=シラグラの副作用

バイアグラとシラグラの違いについて説明します。
シラグラはバイアグラのジェネリック医薬品です。
つまり、シラグラはインド製のコピーバイアグラと言うことになります。
コピー商品ですので、有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩が含まれている点も同じとなっています。
したがって、2種類とも同等の効果を得ることができます。
商品の価格については、シラグラの方が安価で入手できます。
バイアグラが1錠あたり1500円程度に比べて、シラグラは1錠あたり600円程度で購入することができます。
シラグラの入手方法は日本で認可下りていないため、個人輸入をするか現地で入手するかのどちらかとなります。
もし、個人輸入をする場合には偽物も多く出回っていますので注意が必要です。
また、バイアグラの方は日本では認可されている医薬品ですので医者などから処方してもらこともできます。

副作用については、バイアグラとシラグラも同様にあり、主に頭痛やめまいなどが知られています。
症状自体は軽微なものなので問題ありません。
副作用の中には、血管拡張作用などもあるので、血圧が下がりすぎる危険もなりますが、発症率自体が低いので用法、用量などを守っていれば心配ありません。