ジェネリック薬のメリット

医薬品メーカーが新薬を製造できるようになるためには多大な研究開発費用に加えて手間と労力を費やしています。
新薬の開発は常に成功するわけではありませんので新薬に行きついた場合は先行者利得を享受します。
先発医薬品の特許が切れると他の医薬品メーカーで同じ成分の医薬品の製造が出来るようになります。
これをジェネリック薬といいます。
ジェネリック薬は開発にお金が懸っていませんので薬の値段を安く抑えることが出来ます。
日本は高齢化社会を迎えて医療費の増加が問題になっています。
ジェネリック薬を使うことによって薬の費用を大幅に削減することが出来ます。
厚生労働省でも医師や患者に出来るだけジェネリック薬を使用するように進めています。
金額が安くなるのが最大のメリットですが、ゲネリック薬の中には先発医薬品の欠点を補っているものもあります。
飲みにくい薬剤などを飲みやすくする工夫をして大きさや味を替えたりしています。
しかしながら、メリットだけではないので注意が必要です。
主成分は同じですが、全く同じ効果が得られるかについては保障されているものではありません。
また、臨床試験を先発医薬品のようには実施していないので安全性を100パーセント保証するものでもありません。