ジェネリックゆえの、正規品との違い

最近よく耳にするジェネリック薬品とは、薬品の中で特許切れとなり、どの薬品メーカーでも製造可能になったものを言います。
その特徴として安価で誰でも購入できるという大きなメリットがあります。
主成分自体はジェネリックでも先発薬でも違いはありません。
これに対し、先発薬は特許取得のため巨額の研究開発費が投じられているため企業は回収する必要があり、値段は高価になります。

ジェネリックと正規品である先発薬の違いは次の点にあります。
ジェネリック薬品は先発薬の物質特許と用途特許の2つの特許が切れた時点で製造販売が可能となります。
しかし、これら以外にも製法特許や製剤特許などの特許が存在します。
これらの特許により、ジェネリック薬品は薬のコーティングや錠剤、粉末、カプセルなどの形状を先発薬と同じにすることができません。
これにより薬が効きすぎたり、あるいは効果が十分に発揮されないといった現象が生じてきます。
ジェネリック薬品は主成分は同じですが、効き目も先発薬と同じとは言えないのです。

ただ、ジェネリック薬品の価格での優位性は変わりませんので、ジェネリックでもいいケース、先発薬でなくては駄目なケース、自分の用途に応じてうまく使い分けて行きたいものです。